JR​学園都市線新駅構想

2020年3月の当別町長所信表明で公表されたJR(学園都市線の新駅構想について随時更新いたします。

新駅が想定される地域(石狩太美駅西側)

メリット・デメリットを挙げてみる。

新駅構想の概要

3月定例会

​代表質問答弁

  1. 株式会社ロイズコンフェクトと 連携し、JR北海道に対して、町内当別太地区に札沼線の駅を新設することにつ いて、要望中。

これまでの経緯

2020年3月定例会

​代表質問答弁

  1. 2020年1月17日に株式会社ロイズコンフ ェクトと当別町の連名でJR北海道に対して要望書を提出。

    • 今後、勉強会を重 ね、新駅設置に関する協議を進めていくことになった。

  2. 2020年1月23日には、東京において、総務副大臣である長谷川岳総務副大臣(参議院議員)、町長、JR北海道副社長、国交省鉄道局次長、北海道地域振興監、石狩 振興局長による協議。

    1. 地方創生を進める上で極めて重要案件であるとの認識のもと、JR北海道再生のモデル事業になるものとして、 今後、スピード感をもって協議を重ねていくことを確認。

  3. 2020年2月21日に、町、ロイズとJR北海道との第1回目の勉強会を開催 (北海道運輸局、道庁交通政策局、石狩振興局の関係職員も出席

    • 「札沼線新駅設置に関する検討会議」として協議がスタート。

当別町の負担

2020年3月定例会

​代表質問答弁

  1. 詳細な整備すべき事項は明確にはなっていないが、 町が負担すべき整備も当然、生ずるもの認識している。

  2. 請願駅なので、駅新設については要望者側の負担、設置後の運営管理費用については、JRの負担が原則。

  3. 一民間企業のプロジェクトではなく、町全体のプロジェクトの位置付けしている。

関連資料

新駅(請願駅ほか)の事例紹介

 請願駅(せいがんえき)は、地方自治体・地元住民・新駅周辺企業等の要望により開設された鉄道駅です。一般的には建設費の全て又は大半を、地元の自治体あるいは新駅の周辺に位置する企業が負担するケースが多いそうです。(以上wikipediaより抜粋)

 後傾の参考資料(地方都市における新駅開設の費用負担に関する研究)を基に、今回の新駅と規模が同程度(単線・電化)と思われる、いくつかの請願駅をご紹介します。北海道内は単線電化の請願駅がなかったので、単線非電化の西留辺蘂駅を採り上げました。

 ​なお、駅の設置費用を誰が負担するのかはまだ明らかでありません。また、駅を設置した場合、駅そのものだけでなく周辺のインフラ整備(道路、上下水道など)も必要となります。

富山県の新駅可能性調査結果から全国の新駅の事例一覧表をご紹介

富山県の新駅可能性可能性調査結果より

参考資料

​キーワード