​本町地区小中一貫校新築

当別町では、本町地区の当別小学校と当別中学校を統合して新たに小中9年制の一体型義務教育学校(当別町立とうべつ学園)を新築を計画しています。平成34年度の完成を目指しています。このページでは学校建築までの情報を随時お知らせします。

総事業費は60億円の見込み(2020年3月)

  • ​事業費

    60億円

  • 国・道の負担

    17億円

  • 町の借金(起債)

    34億円

  • ふるさと納税など

    10億円

  • 一般財源

    1600万円

2020年3月9日総務文教常任委員会提出資料

校名が「当別町立とうべつ学園」に決まりました。(2020年3月)

校名決定方針案作成

2019年11月22日 第4回開講準備委員会

  • 公募→開講準備委員会にて一次選考→児童生徒投票→教育委員会にて決定→関係機関等への報告→公表

校名決定方針案決定

2019年11月27日 定例教育委員会

  • 上記原案通り

庁舎内周知

2019年12月19日 定例部長会議

  • 上記原案通り

校名公募

2020年1月1日~1月31日 町1月広報、ホームページ

  • 町内外から計45件の応募

校名候補選定

2020年2月4日 第5回開講準備委員会

  • 45の候補から、「当別らしさ」を表した校名を、委員の投票により5候補選定。

  • 当別町立 鮎田学園

  • 当別町立 当別あゆた学園

  • 当別町立 当別学園鮎田塾

  • 当別町立 とうべつ学園

  • 当別町立 当別義務教育学校

児童生徒投票

2020年2月10日~13日 当別小学校・当別中学校

  • 5候補から、当別小学校3~6年生(213名)、当別中学校1-3年生(206名)対象に投票を実施。小学生184名、中学生192名が投票(投票率89.7%)。

  • 当別町立 とうべつ学園(166票)

  • 当別町立 当別義務教育学校(82票)

  • 当別町立 当別あゆた学園(71票)

  • 当別町立 当別学園鮎田塾(30票)

  • 当別町立 鮎田学園(27票)

決定

2020年2月19日 定例教育委員会

  • 教育委員5名の協議により、「当別町立とうべつ学園」に決定。

報告

2020年2月20日、3月4日

2月20日 町長、副町長に報告。

​3月4日 町議会総務文教常任委員会に報告。

校名公表

2020年3月5日~

  • 3月5日 ホームページ(3月7日現在未掲載)

  • ​4月1日 町広報4月号

基本設計概要版が公開されました。(2019/6/24)

​基本設計

2019/6

当別町​一体型義務教育学校基本設計(概要版)

パブコメ

2018/8

当別町一体型義務教育学校基本構想(案)に対するパブリックコメントでのご意見及び ご意見に対する町の考え方

基本構想

2018/8

当別町一体型義務教育学校基本構想

教室配置と校庭配置の案が議会に示されました。意見募集中!(2019/3/7)

 3月6日の総務文教常任委員会で基本設計の進捗説明がありました。これまでの打ち合わせ状況や今後の予定の説明があり、現時点での教室配置案と校庭の配置案が示されました。

 教育委員会からは、議員からも意見や要望があれば3月20日までに提案してほしいとの要請がありました。そこで、【勝手にパブコメvol.2】開催します。図面をご覧になって気になる部分があればぜひご意見ください!

子どもにやさしいまちは、みんなにやさしい。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

© 2023 sato-tatsu.com