top of page
  • 執筆者の写真佐藤たつ

[5/2追記]6月3日募集開始予定!再生可能エネルギー設備導入推進事業補助金

更新日:5月3日


※5月2日に当別町から追加の情報が公開されましたので、追記しました。


追加情報0502

6月から受付が予定されている再生可能エネルギー設備導入補助金について、追加の情報が当別町WEBサイトに掲載されました。また、町民の方からご質問がありましたので、ゼロカーボン推進室からの補足の説明を受けましたので、あわせてご紹介します。

なお、現時点での予定ですので今後変更されることがあるかもしれません。詳細は直接ゼロカーボン推進室へお問い合わせください。


また、見積書の用意には時間がかかることが予想されます。補助金の利用を検討されている方は、まずは見積書のご用意をお願いいたします













寒冷地エアコン・エコキュートを検討されている方へ

補助の条件

既存の暖房設備と比較して、30%以上の省CO2効果が得られること

30%以上の省CO2の目安

寒冷地エアコンの場合、消費電力を、冷房時3,000W、暖房時3,000W以内の機器を選ぶ

現在の暖房設備が、灯油機器(灯油ストーブ、灯油ボイラ(セントラルヒーティング)、電気温水ボイラ(セントラルヒーティング)をお使いの方

寒冷地エアコンの消費電力が、冷房時3,000W、暖房時3,000Wであれば、30.5%の省CO2効果


複数台の場合は、消費電力の合計値を冷房時3,000W、暖房時3,000W以内に


現在、冷暖房設備にエアコンなどのヒートポンプ機器をご使用の場合、30%以上の省CO2効果がでないことが多いのでご相談ください。

当別町内の補助金枠

1,674万円

補助の金額

補助対象経費の½(上限40万円)


申込時の見積額が、補助対象経費の上限となります。

申込期間

令和6年6月3日(月)から令和6年6月27日(木)


窓口申込 午前9時から午後5時まで


郵送申込 令和6年6月27日(木)午後5時必着

申し込み者多数の場合

抽選を行います。


抽選後、申請書類の提出となります。

申込時に必要な書類

補助金申込書(準備中)


見積書(内訳書を添付)


仕様がわかるカタログ等のコピー

見積書の注意事項

内訳書を添付してください。


見積有効期限が切れている場合でも、見積業者に金額の変更がないことを確認できれば、そのままご利用いただけます。


申込時の見積額が、補助対象経費の上限となります。

補助の対象となる経費

寒冷地エアコン、エコキュート本体


付属部品(設置架台、防雪フード等)


設置、配管、配線工事費

補助対象とならない経費

石綿含有建材調査


石綿対策工事


電力会社への申請費用


撤去費用


その他の設備を検討されている方へ

その他の設備とは

太陽光発電設備


蓄電池


熱利用設備(地中熱ヒートポンプ、薪、ペレットストーブ、太陽熱)


ZEH、ZEH+

当別町内の補助金枠

2,355万円

補助の金額


太陽光発電設備

一般住宅7万円/kW


事業所5万円/kW

蓄電池

補助対象経費の⅓


上限:一般住宅15.5万円/kW、事業所19万円/kW

地中熱利用設備、太陽熱利用設備

補助対象経費の2/3

薪・ペレットストーブ

補助対象経費の⅔


上限40万円

ZEH住宅

55万円

ZEH+住宅

100万円

申込期間

令和6年6月3日(月)から令和6年9月30日(月)(予算に達し次第終了)


窓口申込 午前9時から午後5時まで


郵送申込 令和6年9月30日(月)午後5時必着

受付方法

申込順で受付し、予算に達し次第終了。


予算に達した場合、その日に受け付けた申請者の中で抽選を行います。


補助条件確認後または、抽選後、申請書類の提出となります。

申込時に必要な書類

補助金申込書(準備中)


見積書(内訳書を添付)


仕様がわかるカタログ等のコピー

見積書の注意事項

内訳書を添付してください。


申込時の見積額が、補助対象経費の上限となります。

補助の対象となる経費

本体


付属部品


設置、配管、配線工事費

補助対象とならない経費

石綿含有建材調査


石綿対策工事


電力会社への申請費用


撤去費用


事業全体の補足説明

当別町内の補助金枠


令和6年度の総額

4,029万円

寒冷地エアコン・エコキュート分

1,674万円

その他の設備分

2,355万円

補助金枠の経緯

国が全国から公募し、先進性や実現性が認められる場合に採択される


道内では8つの市町村が採択


政令都市以外は、最大6年間で15億円の補助額が配分される計画


実際には国の予算がなく、当別町も15億円で申請したが認められたのは5億円(6年間総額)


太陽光発電設備、蓄電池の設置が主体となる計画

受付が6月からとなった理由


昨年のスケジュール

5/10に国の交付決定


そこから規則や手引きの作成、地方環境事務所との詳細の調整


6/14受付開始

今年のスケジュール(予定)

国からの交付決定がまだきていない


交付決定後に本格的な調整する


事前にわかることは調整済み。


そこで、最短で6/3付近を受け付け開始予定としている。




問い合わせ先

当別町再生可能エネルギー設備導入推進事業専用ダイヤル(経済部ゼロカーボン推進室)



 

※以下は4月23日に掲載した情報です。


昨年度に引き続き、令和6年度(2024年度)も当別町では再生可能エネルギー設備導入支援事業が行われます。補助金の募集開始は6月以降とのことです。


  • 太陽光発電設備

  • 蓄電池設備

  • 寒冷地エアコン

  • エコキュート

  • ペレットストーブ

  • 薪ストーブ

  • 太陽熱利用設備

  • 地中熱ヒートポンプ設備

  • ZEH(ゼロエネルギーハウス)

などを設置する際に補助が受けられる制度です。詳しくは当別町のWEBサイトをご覧ください。







閲覧数:82回1件のコメント

תגובה אחת


micchan miyamoto
micchan miyamoto
01 במאי

再生可能エネルギー補助金について、申請後の結果待ちまで工事も待たなければ、とか

抽選ならば4月以降に設置工事をした、全てを対象にすべき、許可が下りてからでは、夏に間に合いません。我が家もエアコン買い替え予定しています。対応遅すぎです。

לייק
bottom of page