• 佐藤たつ

年末年始の休みが変わる

当別町の年末年始の休みが変わります。という条例改正が9月議会に提案されています。


国の機関の年末年始休暇は12月29日~1月3日と法律で定められています(行政機関の休日に関する法律)。民間企業もこれに合わせているところが多くあります。一方、地方自治体の年末年始休暇は、条例で定めることになっています(地方自治法第4条の2)。


当別町は、当別町の休日に関する条例の第1条第3項で12月31日から1月5日を年末年始休暇と定めています。


2日のずれが、、、

この2日間のずれが子育て世帯、特に札幌で働く子育て世帯に影響を与えてきました。1月4日から仕事が始まるけれど、保育園は5日まで休み。4日と5日は有休を取るなどする必要がありました。私も引っ越してくるまでこのことは全く知らず、初めての年末に驚いたものです。保育園を所管する子ども未来課にはその事情を説明して、対策を依頼していました。


議会での説明はこんな感じ

今年の年末からこのずれがようやく解消される見込みです(条例改正が成立すれば)。9月11日の総務文教常任委員会の議会中継をご覧ください。7分48秒から、この条例改正について総務課長が説明していますのでご覧ください。


条例改正について総務文教常任委員会では質問がありませんでしたので、9月25日の本会議で全会一致で可決されると期待しています。

子どもにやさしいまちは、みんなにやさしい。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

© 2023 sato-tatsu.com