top of page
  • 執筆者の写真佐藤たつ

視察の下調べにCHAT GPTをつかってみた。


調べものをするときに、いつもはgoogle検索から始めるのですが、Bingチャットをためしに使ってみました。今回調べたのは、5月22日に視察予定の福岡県太刀洗町の住民協議会についてです。


予想以上にそれっぽくまとまっています。Bingチャットの特長は、関係するWEB上の情報へのリンクも表示されること。ただ、そのリンク先をみても該当する情報がないこともあるので、出典という意味ではないのかもしれません。


とはいえ、これくらいの情報はWEBにすでに上がっている=現地視察しなくても手に入る、ということになります。政務活動費を使って視察に行くとなると、これ以上の何かを手に入れてこなければ、行く意味がないとも言えます。


うーん、これはしっかりと質問項目を準備しなくては。なお、参考までに、視察に伺うときは、事前に質問項目をお送りして、回答や資料をご用意いただくというのが一般的なスタイルです。


以下、Bingチャットでの回答を転載します。なお、この内容について資料にあたって確認したものではないので、その点はご注意ください。


 

太刀洗町住民協議会について

住民協議会とは

  • 太刀洗町では、平成27年度から住民協議会を実施しています1

  • 住民協議会とは、町の重要な施策や課題について、町民の皆さんが自ら考え、意見を出し合い、答申する仕組みです1。

  • 住民協議会のメンバーは、町内の各地区から抽選で選ばれた一般の町民です1

  • 住民協議会のテーマは、毎年変わりますが、これまでに「ゴミについて」「地域包括ケアについて」「地域自治団体と行政の役割」「子育て支援について」「防災について」「暮らしの中の鉄道」「わたしたちの健康づくり」「大刀洗公園の今後をどうする? ゼロから考えてみよう! 」「ごみを減らすために、わたしにできること」などがあります12

  • 住民協議会は、年間4回程度の会議を行い、最終的に答申書を作成して、町長や議会に提出します1

実施することになった経緯

  • 太刀洗町では、平成26年度に「太刀洗町行政改革ビジョン」を策定しました1

  • このビジョンでは、「住民主体のまちづくり」を目指すことを掲げました1

  • そのために、「住民参加型のまちづくり推進体制」を構築することが必要だと考えました1

  • そこで、住民参加型のまちづくり推進体制の一つとして、住民協議会を導入することにしました1

これまでの実績

  • 住民協議会は、これまでに9回の答申書を作成して提出しています12。

  • 答申書では、各テーマに関する現状分析や問題点、改善案や提言などがまとめられています2

  • 答申書は、町長や議会だけでなく、町内外の関係機関や団体にも配布されています2

  • 答申書は、町のホームページでも公開されており、誰でも閲覧することができます2

評価

町民の評価

  • 住民協議会に参加した町民からは、「自分たちの意見が反映されると感じた」「町の課題について深く考えることができた」「他のメンバーと意見交換することで視野が広がった」「町の施策や事情について理解が深まった」などの感想が寄せられています1

  • 住民協議会に参加していない町民からは、「住民協議会の存在や活動内容を知らなかった」「住民協議会の答申書を読んだことがない」「住民協議会のテーマやメンバーの選び方に疑問がある」「住民協議会の意見が町の施策にどう反映されているかわからない」などの声があります1

議会の評価

  • 議会では、住民協議会から提出された答申書を受け取り、各委員会で審査し、最終的に本会議で承認します1

  • 議会は、住民協議会の答申書を「町政における重要な意見」として評価し、町長に対して「答申書に基づく施策の実施や報告を求める」という決議を行っています1

  • 議会は、住民協議会のテーマやメンバーの選び方にも関心を持ち、町長に対して「テーマは町政全体に関わるものであること」「メンバーは地区や年齢・性別などを考慮して公平に選ばれること」などの要望を出しています1

職員の評価

  • 職員は、住民協議会の運営や事務局を担当しています2。

  • 職員は、住民協議会から提出された答申書を「貴重なフィードバック」として受け止め、施策の立案や実施に活かそうと努めています1

  • 職員は、住民協議会のメンバーと積極的にコミュニケーションを取り、情報提供や質疑応答を行っています1。

これまでに明らかになっている課題

  • 住民協議会では、以下のような課題が明らかになっています1

    • 住民協議会の存在や活動内容を町民全体に周知する方法

    • 住民協議会のテーマやメンバーの選び方を透明化する方法

    • 住民協議会の意見が町の施策にどう反映されているかを明確にする方法

    • 住民協議会のメンバーの継続的な参加やモチベーションの維持する方法

    • 住民協議会のメンバーのスキルアップやノウハウの蓄積する方法

住民協議会に係る予算額

  • 住民協議会に係る予算額は、令和4年度当初予算で1,000,000円となっています2

  • この予算は、住民協議会の運営費や事務局費、資料作成費、広報費などに充てられます2

  • 住民協議会に係る予算額は、毎年変動しますが、平成27年度から令和3年度までの平均は1,200,000円程度です2


構想日本との関係


平成27年の住民協議会開始時点での関係

  • 太刀洗町は、平成27年度から住民協議会を実施するにあたり、一般社団法人構想日本に対して「住民協議会の運営支援業務」を委託しました1

  • 構想日本は、住民協議会のメンバーの抽選や募集、会議のコーディネーションやファシリテーション、資料の作成や配布、広報や報告などの業務を担当しました1

  • 構想日本は、住民協議会の運営支援業務に対して、平成27年度当初予算で2,000,000円(税込)の委託費を受け取りました1

その後の関係

  • 太刀洗町は、平成28年度以降も住民協議会を継続的に実施するにあたり、構想日本に対して「住民協議会の運営支援業務」を委託し続けました23

  • 構想日本は、住民協議会の運営支援業務に対して、以下のような委託費を受け取りました23

    • 平成28年度当初予算:2,000,000円(税込)

    • 平成29年度当初予算:2,000,000円(税込)

    • 平成30年度当初予算:2,000,000円(税込)

    • 令和元年度当初予算:2,000,000円(税込)

    • 令和2年度当初予算:1,500,000円(税込)

現在の関係

  • 太刀洗町は、令和3年度も住民協議会を実施するにあたり、構想日本に対して「住民協議会の運営支援業務」を委託しました。

  • 構想日本は、住民協議会の運営支援業務に対して、令和3年度当初予算で1,500,000円(税込)の委託費を受け取りました。

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page