• 佐藤たつ

みどりの食料システム戦略

これからの当別町に活かせるかもしれない「政策のたね」をまとめています。今回は農林水産省の「みどりの食料システム戦略」。2040年までに耕地面積に占める有機農業の割合を25%にするなど、様々な目標値が設定されています。また農林水産省の施策の支援対象を持続可能な食料・農林水産業を行う者に集中するなど、今後の農業経営にも影響を与えることが予測されます。

ということで、調べ始めてみます。


みどりの食料システムってなに?

概要図(農水省より)



14のKPI

1

2050年までに

化学農薬使用量(リスク換算)

50%低減

2

2050年までに

化学肥料使用量

30%低減

​3

2040年までに

耕地面積に占める有機農業の取組面積

25%に拡大

​4

2050年までに

Co2

ゼロエミッション化

5

2030年までに

​施策の支援対象

持続可能な食料・農林水産業を行う者に集中

2040年までに

農林水産業の補助事業

カーボンニュートラルに対応

6

2040年までに

農林業機械・漁船の電化・水素化等

技術の確立

7

2050年

再生可能エネルギー

導入​

8

2030年度までに

事業系食品ロス

2000年度比半減

2050年までに

事業系食品ロス

最小化

9

2030年までに

食品製造業

労働生産性3割以上向上(2018年基準)

2050年までに

食品製造業

さらなる向上

10

2030年までに

食品企業

持続可能性に配慮した輸入原材料調達の実現

11

2030年までに

飲食料品卸売業における売上高に占める経費

10%に縮減

2050年までに

飲食料品卸売業における売上高に占める経費

さらなる縮減

12

2030年までに

エリートツリー等の成長に優れた苗木の活用

林業用苗木の3割

2050年までに

エリートツリー等の成長に優れた苗木の活用

林業用苗木の9割以上

2040年までに

高層木造技術

確立を目指す

2040年までに

木材による炭素貯蔵

最大化

13

2030年までに

漁獲量

2010年と同程度(444万トン)まで回復

14

2050年までに

二ホンウナギ、クロマグロ等の養殖

人工種苗比100%

2050年までに

養魚飼料

全量を配合飼料給餌に転換

みどりの食料システム推進交付金








関連資料

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示